頭皮の刺激と発毛

発毛を促すのに頭皮の刺激を行うことは、必要なことではあるのですが、ある程度条件というのが存在します。
確かに刺激を与えることは、発毛に必要な条件の一つではあるのですが、不必要な刺激や、間違った方法を行ってしまっては逆効果になる可能性があるのです。


極論から申しますと頭皮に刺激を与えるというのは、頭皮の血行を促しそれが結果として発毛に非常によい効果があります。
血行を増進させるために行うのですから、養毛剤やトニックなどの整髪料系のもの。
飲み薬などの薬品関係。
直接頭皮に刺激を与えるマッサージやブラシなど、いろいろな方法があります。
ですが単純に考えてみると、その人に合った方法、正しい方法でないと頭皮を傷つけ、さらには毛根を傷つけることになりますので、当然発毛とは逆の効果になってしまいます。
親や親類などに薄毛が多く気になっているかたなどの予防という意味では、薄毛が進行していない限りは極端なことをやる必要はございません。


理容関係は日々進歩をしており昔に比べると髪を傷めないものが開発されていますが、それでも染髪やパーマなどの液剤は髪を伝わり毛根に影響を与えます。
発毛にお金や時間をかけるよりも、予防という意味ではむしろそちらのほうを控えたほうが正しいようです。
その他の予防法としては、頭皮を清潔にしブラッシングを行うという方法があります。
極当たり前のことですが、長年の積み重ねと、必要以上に髪を傷めないということが最大の予防となります。

Copyright © 2014 頭皮の刺激は発毛的にOK? All Rights Reserved.